お一人おひとりの“暮らし”に寄り添う存在に

ご挨拶
OMソーラーは30周年を迎えます。

お一人おひとりの“暮らし”に寄り添う存在に

「これまでにない、パッシブデザインハウス」の
誕生を想った、30余年前。

その日から私たちは、今日までひたすらに
人にやさしく、環境にやさしい家づくりの
理想を追い求め、その技術を磨いてきました。

今では、たくさんの住まい手に共感いただき、
OMソーラーをご利用いただくまでになりました。

最近では、親から子へと2世代にわたる
住まい手もいらっしゃるなど、
何十年と住んだ上で価値を認めてくださったのだと思い
感激しております。

お一人おひとりに、厚く御礼申し上げます。

冒頭のご挨拶で「時代の変化に順応することが
企業を存続させる手段だ、と説くならば
私たちは少しばかり、不器用なのかもしれません」
と、書かせていただきました。

このごろは、暮らしのあり方を見直し、
“ていねいに生きる”といった時好もありますが、
そんな今だからこそ、あらためて人は自然の一部なのだ、
ということを見つめ直したい。
という思いと、実はもうひとつ。

住宅のゼロ・エネルギー化の政策もあり、
「ZEH」や「パッシブ」といった考え方が広がったのは
とても喜ばしいことなのですが、
私たちは“日本のZEH”に対し、少々違和感を感じています。

冷暖房を散々使ってもその分、太陽光発電で賄えば問題ない、という
帳尻合わせのゼロではなく、私たちは、プロセスも大事にしたい。

OMとも関わりの深い建築家・伊礼智さんの言葉をお借りすれば、
「住まい手が能動的に暮らしに関与すること」
それが、“家づくり”に重要なプロセスだと思いますし、
本当の“パッシブハウス”の価値だと思うからです。

また家は建てて終わりではなく、
本来、暮らしていくことで、価値を感じるもの。
私たちはそのプロセス、“暮らし”に寄り添う存在でありたい。

大きな節目となる今年、まずは「OM class」をリニューアル。
今後”OMに関するすべての窓口”として皆様の暮らしを支えます。

30年前の想いを、ひたすらに。
「いままでも、これからも」自然と呼応した暮らしを
みなさまとともに。

OMソーラー株式会社 代表取締役社長
飯田祥久

Copyright OM Solar, Inc. All rights reserved.