お手入れ|OMX

お手入れ|OMX

室内ユニットのフィルターのお掃除と、室外ユニット周りのお掃除を行います。
フィルターの目詰まりは、空調の効果や電気使用量に影響するだけでなく、故障にもつながります。
室外ユニットも吸込口のつまりが能力低下や故障につながります。必ずお手入れを行なってください。

室内ユニット

小屋裏に設置された室内ユニットには、合計3つ(外気フィルタ1つ、筒形フィルタ2つ)のフィルターがあります。
3つとも掃除を行なってください。

フィルターランプが点灯したら、フィルターを掃除します。
準備

室内ユニットの内部でファンが高速回転していますので停止する操作を行います。

OM入/切スイッチを押して 「切」にし、
換気入/切スイッチを約3秒間押して「切」にする
室内ユニット・貯湯ユニット 専用ブレーカーを
「切」にする

フィルターのお掃除に使う道具を準備します。

汚れが軽い時

そうじ機
常温の水
脱水機
(なしでもOK)

汚れがひどい時

中性洗剤
スポンジ
使用禁止
ガソリン・ベンジン・シンナー・みがき粉・殺虫剤などはがれ、傷の原因となります。
40℃以上のお湯
変色・変形の原因となります。
外気フィルターのお掃除
  • 外気フィルターケースの扉のレバーを引いて開きます。
  • 軽い汚れをそうじ機で吸い、水洗いします。
    汚れがひどい場合は、中性洗剤を使います。
  • 充分水気を取り、しっかり乾燥させます。
    特に、アルミ枠は錆びると外気フィルターが取り出せなくなることがありますので、乾いた布でしっかりと拭いてください。
  • お掃除後はフィルターを戻し、フィルターケースの扉を閉じます。
筒形フィルターのお掃除
  • 取り付けられた状態のまま、軽い汚れをそうじ機で吸います。
  • フィルターを機器からより外し、水洗いします。汚れがひどい時は、軽くスポンジや中性洗剤を使います。
  • 充分水気を取り乾燥させます。脱水機を使って水気を取る場合は、1分程度脱水します。

※もみ洗いや、強く絞ることは避けてください。フィルターの素材を痛める原因となります。

お掃除後は、以下の手順でフィルターを戻します。

  • サイズの合う吸気口にフィルターを取り付け、付属の固定バンドでしっかりと固定します。
  • 太い方の吸気口のくぼみは浅く、筒形フィルターが抜けやすいため、しっかりと固定してください。
  • 筒形フィルターの取付けや固定が不確実な状態で使用すると、安全かつ正確に吸気ができない場合がありますので、ご注意ください。
お手入れが終わったら
1 室内ユニット・貯湯ユニット
専用ブレーカーを「入」にします。
2 OM入/切スイッチを「入」にし、
換気入/切スイッチを約3秒間押して「入」にします。
3 外気フィルタスイッチ(1)、または内気フィルタスイッチ(2)を約3秒間押して「ピピッ」とブザーを鳴らします。各ランプが消灯します。

室外ユニット

定期的に、室外ユニット周辺のゴミや落ち葉を掃除します。 吸込口がつまると、能力低下の原因になることがあります。 また落ち葉などがあると、小動物が侵入して発火・発煙・故障の原因になることがあります。
ドレン配管のドレン用トラップも定期的に点検・掃除を行います。

Copyright OM Solar, Inc. All rights reserved.